レトロバケット

12月第2週と第3週にオーダーを受けているレトロバケット完成です。Taktクリスマス特集にレシピを紹介している山崎亮子さんから料理教室用のパンをご注文いただきました。おっしゃれ~な亮子さんの、しかもクリスマス料理にあわせてのオーダー。見た目も味もがんばらないと。

力が入りすぎて試作1回目と2回目は全然ダメだった。

反省して、普段どおりに作ったら上手くできた(笑) それでもパンは生き物。本番は気を抜かず最高の仕上がりを目指します。

0 コメント

町民カレッジ終了

今年度6回シリーズで開催した立山町の町民カレッジ「手ごねパン作り」講座が終了しました。10名の受講生のみなさんとても熱心で、協力的で、毎回楽しいレッスンでした。「また来年も参加したい」、教育課さんからも「また次年度もお願いします」という嬉しい声をいただきました。

生徒さんと一緒に作った「フォカッチャ」、「ミニブール」、「具だくさんなライ麦パン」。おやつにご用意した「ズッキーニジャムのシフォンケーキ」といただいた「お土産のラスク」。雪がチラチラ降りだしてずんと寒くなりますが、年末30日までレッスン開催しますよ。どうぞご参加くださいませ♡

0 コメント

スモーク

チャンス到来、自宅でスモーク2回目。まずはスモークチーズ完成。隣のガスコンロでは、がしら芋とごぼうをじっくり焼きながらチキン待ち。

火が弱かったみたいで、チキンの皮目の焼き色が不満で皮は残す。お肉はおいしい。


手軽だけど極めようとすると何事も難しいなと思う。おいしいからまたやります。

「具だくさんなライ麦パン」にクリームチーズとレモン風味いっぱいのズッキーニジャムは思ったとおり相性ばっちり、おいしいです。

0 コメント

モルトパウダー有無

改良剤モルトパウダーを使わないでもパンは出来る。入れるのと入れないのではどれほど違うかの比較は過去にやっているけれど、今の自分だから感じられることがあればと思って再び実験。


すべての写真
左:モルトパウダー有り
右:モルトパウダー無し

クオカの特殊なモルトパウダー使用。



生地のべたつき、張り具合、発酵の早さ、焼成時の窯伸び。全てにおいてモルトパウダーが入っているほうが具合がよいです。ただし、モルトパウダーが入っていなくても、ちゃんと焼き上がります。使用した型はつい先日購入して空焼き済みですが、生地を入れるときにスプレーオイルをし忘れまして(泣)型からきれいに出すことができませんでした。膨らみのよかった「有」のほうが毛を刈られた羊のように無理やり毛皮を脱がされてずいぶん小さくなっちゃった(泣)。「無」のほうは隅っこ1箇所残念だけど全然マシ、断面写真おたのしみに。

小学生が授業にやってくる

今週金曜日に娘が通う小学3年生17名が私に会いに「おうちパン工房」にやってきます。いろいろ質問を受けるらしいです。この12畳の部屋に大人3名+子供17名、合計20人。過去最大の人数!リフォーム時には基礎からしっかり造り直してもらっているから安心です。楽しみ。

2 コメント

しゅふーれ第2クール終了&取材

パングラタン

月曜日のブールレッスンは生徒さんの希望によりミニブール6個、私も作りました。それは「パングラタン」を作るため。家族も喜ぶし、持ち寄りランチの1品にもなりました。


白いマッシュルーム

赤いパプリカ

黄色いトマト

1人で食べてもシェアしてもOK。

蓋をかぶせて、ワックステックパックにそっと入れたら外出も移動も問題なかったです。

さあ、
ミニブール、作りたくなってきた??

シュトーレン

時間がかかった、かかった、イーストなのにおよそ12時間。栗の渋皮煮のシロップを水分として捏ねました。どんな味わいか心配で、翌日早速食べてみました。コクがあってやや甘め。珈琲と合いそうです。

ほぼ行き先は決まっていて、プレゼントする相手のことを思いながら作り包みます。

フェール・ア・シュヴァル(馬蹄形のパン)

しゅふーれ第2クールの反省と第3クールのプランについて持ち寄りランチ会をしました。北日本新聞さんの取材も入ることになり、身支度にもパンにも力が入ります。さきほどのパングラタンと、少し前に焼いたエゴマ入りのシュトーレンと、そして、切り分けて食べれる大きな食事パンはフェール・ア・シュヴァル(馬蹄形のパン)。

年末から新年にむけて初めて買ってみたプレミアムな準強力粉「トラディッショナル」初使用で初成形のパンに挑戦。そして、ブルーチーズ入り!パン工房の天板では若干小さくて、キッチンのビルトインオーブンのほうで焼成しました。山崎亮子さんの手にかかれば、ハーブガーデン平田さんのハーブがブーケとなって、私のパンが花器のようにコーディネイトされました。すばらしいコラボレーション!これぞしゅふーれ!掲載は1月9日なのでクリスマスではなくお正月の雰囲気です。

もし苦手な人がいるといけないから、1/3はチーズを入れなかったんだけど、みんなブルーチーズが大好きだったみたい。クープはあえて入れないモチモチの食感。チーズのコクと塩気、いい感じでした。みんなの持ち寄りの1品もすごいゴージャス!ノンアルシャンパンやイタリア土産のトリュフたっぷりパスタ、チーズ盛り合わせ、チキンの丸焼き、お豆の煮込み、かぼちゃとプルーンのサラダ、ビジュアルもステキな自家製干し柿などなど、いっぱい頂きました!取材のお仕事も無事終了。

5月から始まったしゅふーれは、これからも楽しく充実した講座を続けて参りますので、どうぞ来年からもご注目、またご参加よろしくお願いいたします。皆さまのご参加、心よりお待ちしています。

0 コメント

校外学習受入&ホットサンドランチ付きレッスン

総合的学習「発見!立山校区のたから(すごい人)」

うっすら雪が積もった朝。立山小学校の3年生(17名)が私に会いにパン工房へ来てくれました。9時~10時半までの1時間半、どんな風に過ごしてもらおうかなー。昨夜、昆布水をちょうど使いきり、「だしがら昆布を見て、コレだ!」とひらめきました。8時すぎにだしがら昆布を練り込んだ生地を捏ねて、ちょうど発酵が終わる頃、子どもたち到着。まずは指穴テスト、分割、丸めの様子を見せながらパン生地を大切に扱うことをお話。ベンチタイム中に質問タイム。柔らかく緩んだ生地をみんなでツンツン触ったあと、プチプチとガスが抜ける音に耳を傾けながら、両手で2個同時に丸める成形方法を紹介。2次発酵で再び質問タイム。予熱待ちの間には自家製レーズン酵母の匂いを嗅いだり、本格的なクープとスチーム焼成を披露。最後はお待ちかね、焼き立ての昆布パンを4っに切り分けてみんなで頂きました。

私のパン工房に地域の子どもたちが学習に来てくれた、感謝と嬉しさで胸がいっぱいになりました。子どもたちとの楽しい時間はあっという間でした。

ホットサンドランチ

ざーっと片付けと準備をして、11時からは3名さま食パンレッスン&ホットサンドランチの会! アルパカ珈琲のあつこさんと義妹Eちゃんと私は「ハードトースト」、富山ホットサンド倶楽部の部長かなえちゃんは「ホットサンド用の角食パン」。

捏ねたあとは、各自が準備した2種類の具をサンドにして準備OK。食パンは発酵が長いから待ち時間を利用して、2種類ずつホットサンドにしては食べて、パンの続きをしてはホットサンドして、の繰り返しでお腹も満たされて食パンも焼き上がりました。

・餅、チョコ
・ネギ、ベーコン、チーズ

・マスカルポーネ、あんこ、クランベリー、ブルーベリージャム

・ズッキニーレモンジャム、クリームチーズ、マスコバド糖

・ハム、ブルーチーズ

・洋なしのコンポート、チョコ

・いちじくとバルサミコのジャム、生ハム、サラダほうれん草

・オーガニックビターチョコ、はちみつ、きんかん
全8種類!
・ホシノ天然酵母の全粒粉とライ麦入りの角食パン

・モルトパウダーを使わないハードトースト

パンは2種類ご用意しました。

寒い日だったから、具だくさんのスープを作っておきました。レッスンの合間にアツアツのご馳走ホットサンドを作って食べて、焼き立ての手づくり食パンを笑顔でお持ち帰りいただける。おうちパンを求めて集まってくれる人と共有できる時間と喜び、今日は特に賑やかで幸せでした。

0 コメント

いろいろ焼いてます

レッスンをしながら、おうちパンを作り、先生仲間から頼まれているパンなども計画的に準備しています。これは、来週の自家製酵母パンを仕込むときに使う発酵生地を取った残り生地を焼き上げたカンパーニュで、中にはトリュフ入りチーズが入っています。粉はプレミアム準強力粉「トラディッショナル」100%使用、仕込みを兼ねつつも非常に贅沢なパンになりました。すっごく美味しくて、夕飯に3人で食べてしまいました。


型出しに失敗したハードトーストは2日間のレッスンと平行してリベンジ。プレーンとレーズン入り、新しく購入した型2つともスルッと型出し成功。これで一安心。長年使ってきたフッ素樹脂加工1.5斤2つが傷んできたので、ほぼ同じサイズのアルタイト製と入れ替えします。


土曜日のレッスンには、ホットサンドのおやつをご用意しました。りんご、チーズ、マスコバド糖。日曜日の朝食は、ハム、ブルーチーズ、黒コショー。生徒さんも主人もすごく喜んでくれました。

ラスク62人分

ひとくちサイズの自家製酵母パンと、飛騨乳業の無塩バター、お砂糖でつくるお土産ラスク、62人分。砂糖は4種類で味比べしてみました。ビートグラニュー糖はキャラメル味。きび砂糖は濃厚な甘み。甜菜糖は食べ飽きない美味しさで甘さ控えめ。マスコバド糖はコクと旨味があって2~3個で満足。

いただきもの

生徒さんからいただいた手づくりのスイーツやお土産、食べたことのない美味しいものたくさん、ありがとうございます!

0 コメント

パンの配達と共にお友達のところへ

今年親しくなった先生仲間のところへパンをお届けです。まずは、浅野恭子さんのベーコン作りレッスンの会場、呉羽山の「万里摩理(マリーマリー)」へ。この辺りに1人で来るのは初めてで、ちょっと旅情を感じちゃう。落ち着いた店内の階段を上がると、2階は人がたくさん!熱気あふれる雰囲気にぐーんと気持ちが高まりました。全粒粉やライ麦粉が4割も入ったどっしりした自家製酵母パンは恭子さんの絶品スモークに添えられて25名もの皆さまに召し上がっていただきました。

続いては、住宅街にある山崎亮子さんのご自宅へ「自家製酵母のバケット」と「ラスク」をお届け。先週もしゅふーれでおじゃましているけれど、さすがクリスマスレッスン!さらに大人可愛く飾られていてとっても素敵な空間でした。

この扉の色、すごく好き。「庭音(にわのね)」飛世裕香さんの寄せ植えアレンジがお客さまを華やかにお出迎えしてくれていました。イメージにぴったりです。


収納教室の浮田さんからはスコーン、料理教室の先生からは食事に添えるパンの注文をいただけること。パンを売ることが目的ではないこの感じ、理想的だなって感謝しています。先生仲間の顔を思い浮かべながら、集まる生徒さんが喜んでくれるようなパンを作る。おうちパンを作るときの気持ちとどこか似ているけれど、仲間のレッスンに相応しいパンを作るというお仕事に緊張も感じています。


さらに、もう1軒はデパート大和。革小物作家anqasINTI(ハイズカケイコさん)の展示会へ! 7月末に高岡の出張レッスン「はちみつ胡桃パン」を受講してくれてお知り合いになって以来、仲良くなりたいなぁと思っていてね。ケイコさんが薦めてくれた紺色のピアスを選びました。


昨日の午後レッスン「シュトーレン」に来てくれた生徒さんから大場養蜂園さんの水島柿のはちみつ。小松菜農家の真理子さんからは小松菜をたっぷり。教えてもらった小松菜ナムルを早速作りましたよ。新鮮でおいしい小松菜、大好きです。

家族のためにおうちパンも作っていますよ。オリーブとブルーチーズ入り「リュスティック」は、ココットやSTAUB鍋を型にしてみたり。ふっくら高さが出てクラムもちもち、クラスト香ばしい。「ベーグル」はイースト使用ですが、カメラの撮り方教室以来、イーストのベーグルが気になっています。

0 コメント

アース工事

夏以降、かなり頻繁にキッチンエイドを使ってきましたが、冬場の乾燥が原因なのか、フックや操作レバーに触れたとき指先にピリッと電気が走った。最初はピンとこなかったけど、2~3回目にかなりヒヤッとして、手で触るのが怖くて使用を減らしたり、どうしても操作するときにはゴムマットを使いました。コンセントを差すたびにぶらんと垂れ下がるアース線、やっぱり付けなくちゃー。早速リフォーム会社に連絡。1週間待って、ようやく担当の電気屋さんが来てくれました。


左、プラグからアース線が出てるでしょ。
右、常時コンセントに差しておくことになりました。コードが目立つから嫌なんだけど仕方がない。

さて、キッチンエイドですが非常に便利です。使い勝手良すぎて毎日のように使っていましたが、手ごねじゃないとダメなときもあることを実感しました。そもそもキッチンエイドには出来ない作業もあります。具を混ぜ込むこと。実感として捏ねられる量は強力粉600gまでそれ以上は不可。試作や初めて使う小麦粉のとき、1度に900gや1200g捏ねるときはやっぱり自分の手じゃなきゃダメですね。

ピリッと電気が走り、機械と手作業の違いも実感しました。

おやつパン


卒業アルバムの写真撮影があるからといつも以上に入念に服装を準備して学校へ行きました。今日のおやつは「フレンチトースト」。アルタイト1.5斤のほかに「勾配のない真四角1斤型」も購入して初焼きしたらまたもや型出し失敗。サイドが取れてしまった可哀想な食パンだけど、生クリームとマスコバド糖入りの卵液に浸しておきました。娘の後ろにあるのは、順調に成育中のアボカドちゃんです。

0 コメント

クリスマス料理教室part2!

またまた週末は雪模様。屋根に5cmほど積もりました。朝食のあと地場もん屋で見つけた「バターナッツかぼちゃ」入りのスープを作りながら、昨夜水に戻しておいた干し野菜「赤ずき?」を教えていただいたとおりに砂糖と醤油を加えて煮含ませていると来客! 玄関の外に傘を差した人影2人。手前には小さな子ども?? 先月おばあちゃんとパン教室に来てくれた女の子が手作りのクリスマスツリーを持って来てくれました♡

今日から2日間、今年で3回目となる「国立立山青少年自然の家」でのクリスマスパン教室です。20組の親子(62名さま)とシュトーレンを作ります。雪空の下、薪を割って缶かまどに火を焚いて、家族協力し合って焼き上げる大好評なイベントです。朝のうちに夕飯の仕込みをしながら、2日間がんばろうと思っているところに可愛い女の子から手づくりのプレゼントをいただいて、とっても嬉しくなりました。

亮子さんのクリスマス料理教室

米ぬかふりかけの吉田千佳ちゃんに誘われて平井保子先生の楽ヨガ教室に参加。ぐーんと体を伸ばして気持ちよかったぁ。そして前日に焼き上げた「自家製酵母のバケット」をりょーこさんちにお届け。ちょこっと寄るつもりが、キャンセル空きのところに入れてもらえることになり、豪華なパーティーに参加してきました。私のパンがどんな風に提供されるのかも実際に見て感じることができたのも嬉しかったし、すべてがおいしくて豪華で美しかった。新しい出会いにも感謝。

型出しに失敗した食パンの比較的いい部分は「フレンチトースト」、可哀想なところは「パン粉」にしました。おいしいハンバーグにしたいと思います。


0 コメント

自家製酵母のバケット 最終便焼き上がり!

クリスマス料理教室用にオーダーを受けた「自家製酵母のバケット」、最後の5本が焼き上がりました。缶かまどのシュトーレンレッスンが終わった日曜日の午後1時、帰宅すると娘がオムライスを準備してくれていて感激。約束どおり家族と買い物に出かけて、夕飯後にもうひと頑張り、粉600g分手ごね。今朝午前レッスンの途中に分割成形、午後1時に焼き上がりました!

「おうちパン工房完成記念ロゴマーク刺繍入りパンマット」はフランスパンの布どりにも最適、厚みがあるから生地を取り出しやすいのです。長らく愛用してきた自作の布どり専用パンマットはビルトインガスオーブンの天板にあわせて作ったので、パン工房の卓上ガスオーブンの天板にはサイズオーバー。今回のオーダーをしっかり焼き上げられるよう願掛けの思いを込めて自分のために1枚下ろしました。試作3回、本番3回。同じパンを6回も続けて作ったことは気付きも多くいい経験になりました。


その月曜日午前の生徒さんから自家製ハーブをいただきました。とってもきれいでいい香り!「ローズマリー」、「レモンマートル」、「レモンタイム」、「オレンジミント」。うれしい。雪が降る寒いなか来てくださるから、食パンレッスンのおやつに「ベーグルのトースト」と「チャイ」をご用意しました。柳宗理のお鍋は注ぎ口が全く液垂れしないのでとっても具合がいい。パン工房のなかはお鍋1つから全て自分の好きなモノを選べる。幸せに感謝しつつ、自分のできること、やりたいこと、頑張っていきたいと強く思います。

0 コメント

ホットサンド

昨夜はいただきものの干し野菜「赤ズイキ」を教えてもらったとおりに巻き寿司にしました。家族が喜ぶから玉子焼きと照り焼きベーコンも一緒にボリューミーな太巻き。今まで酢の物ばかりで実は苦手だったけど、砂糖と醤油で煮た赤ズイキはすごく美味しかった。そして朝食はだしがら昆布入りの食パンでホットサンド!
・西島ファームさんの金長ネギ

・ご近所商店自家製の焼き豚

・チーズ
プラス黒コショーも、今日の生徒さんにもお出ししましたよ。

ホットサンドは2組を3人では少し物足りないから、さつまいも食パンのトーストも。「飛騨乳業のアルプスバター(有塩)」と「呉羽のハチミツ」をつけて。さらにさらに、娘はおやつもホットサンド!
・さつまいも食パン

・バナナ

・オレオ
簡単だけどアツアツが嬉しいね。

午前レッスンが終わって、「今週は今日しか行けないよー」とヨガへ。初めてのコース「ピラティス」は骨盤の歪みに気づく大切な時間でした。帰宅すると私宛の封筒、生徒さんからの嬉しいクリスマスカード(プレゼント付き)。ありがとう♡

0 コメント

「玄米こうじみそづくり教室」

ほんのひとときだけ薄日が差した朝の空。きれいでした。今年は新しいこといろいろチャレンジしましたが、今日も思い切って「みそづくり教室」に参加してきました。


とその前に、朝食は今日も「ホットサンド」。味付けのセンスも頼りになる主人からアドバイスをもらいグレードアップしましたよ。にんにく味噌をパンの内側にぬりました。これは!味がまとまった!

雪道を心配したけれど、20分ほどで会場へ到着。しっかり準備運営されているので、お味噌はあっという間に出来上がり。そのあともいろんなお話や講習があり、安心安全な食材の昼食もいただいて、大満足な時間でした。子育て真っ最中のママたちの参加が目立ちました。しゅふーれや私の教室にも参加してくれている顔見知りの生徒さんたちがいーっぱい。食への意識、この流れ、大切にしていかなくちゃ。

お味噌は1年ほど寝かすから、当分お預けです。なので出来上がっている「玄米味噌」と貴重な無農薬の「オオツル大豆」、「黒豆」を買ってきました。全てビーアンドベッチ(西島ファーム)さんが一生懸命に作っている作物です。感謝していただきたいと思います。




帰宅後、毎月第3水曜日に来てくださる生徒さんたちと「シナモンロールレッスン」。私も一緒に作りました。少し小さめ12個。なかなかいいサイズです。

0 コメント

エプロン

雪が降りました。そして、この2日間、6年生はインフルエンザによる学級閉鎖でした。娘はちょっと風邪ぎみだけど熱もないし宿題をしながらのんびり過ごしています。私も今日はオフ! 午前レッスンの生徒さんも体調不良と雪の心配もあってキャンセル。予定は午後から個別懇談会のためしばし学校へ行くのみ。

という訳で、今年のうちにやりたいこと「エプロンづくり」。水に通していつでも作れるようにハンガーにかけておいたまま数ヶ月・・・。見るたびに気になっていたのだけれど、今日は絶好のチャンスでした。持っているエプロンを型紙にして身ごろは接ぎ合せなしの1枚のみ、紐は木綿のテープを使ったからラクチン。

あまり着ない色だけど、パーソナルカラー診断では似合うとされる色ばかり少し難しい配色のダブルガーゼです。気になっていたことが1つ仕上がっていい休みになりました。

0 コメント

玄米甘酒の酵母パン

お知らせ2つ

写真の手袋が駐車場に落ちていました。片方のみです。たぶん最近来られた生徒さんの落し物だと思います。

おぼえのある方はお知らせくださいね。

マキタの充電式クリーナー(掃除機)をお使いの方はいらっしゃいませんか? 我が家は本体が故障してしまったので付属の消耗品が手元に残りました。欲しい方に差し上げます。

・紙パック21枚
・ダストパック1枚(未使用)

さて、今年もあと10日余りとなりましたね。大掃除はしないけれど、気になっていたこと、毎日少しずつ片付けたり整理したりしています。冷蔵庫整理もその1つ。飲み残していた「玄米甘酒」の瓶を開けたら「ポンッ!!」と蓋が飛び上がりそうになり、中身はプシューッと泡立ちました。待ってました!パンが焼けるかも!! 

全く同じ配合にしてレーズン酵母液でも作ったから、膨らむスピード差が歴然。甘酒酵母は温めても温めてものんびり、1次発酵だけで24時間もかかったけれど、徐々に膨らみがよくなって、香ばしくおいしいパンになりました。

0 コメント

焼き立てシャンピニオン

午後レッスンの終わりごろ、4時すぎ。とりあえずフランスパン生地をひと捏ね。さて、どんな大きさ、どんな形にしようかな・・・。久しぶりに「シャンピニオン」にしました。焼き立てを夕飯に。憧れだったシャンピニオンを気軽に作れる幸せも一緒に噛み締めました。

朝食は丸い発酵かごを使った「自家製酵母のカンパーニュ」、半分は卵液に浸しておいて午後レッスンのおやつ「フレンチトースト」になりました。独特の食感と深みのある味、このパンで作ると最高!


午前レッスンが終わった後、生徒さんからいただいたレモンバーベナのハーブティーでホッとひと休み。さやわかなレモンの香り、抗菌作用もあるとかで、娘にも1杯。


うれしいな。

クリスマスやら、娘の誕生日やら、正月帰省やら、ケーキを作らなくちゃと思っていたら生クリームを1つ余計に注文していたみたい。みどり共同購入会で買える「飛騨乳業の生クリーム」を使って急遽おやつのチョコマフィンを焼きました。オレンジピールと、残っていたミューズリーも加えてすっきり。

0 コメント

こんな日曜日でした

特に予定のない日曜日だけど、娘が油断をして風邪をぶり返してしまいおうちで過ごす感じになりました。遅めの朝食は生徒さんからいただいた「イギリス食パン」のトースト他たっぷりと。娘はとにかく食べて寝ること、主人は仏壇や神棚の掃除をはじめたので、私はヨガへ1人お出かけー。


帰宅後、おやつにアップルクランブルを作りました。冷凍しておいた「クランブル」があったからラクチン&在庫整理もできた。少し体が楽になった娘も喜んで食べてくれました。

夕方、大きな箱が届きました。びっくりー!生徒さんから大きなポインセチアのプレゼント。うわぁ~豪華!うれしいです。ありがとうございます。

0 コメント

激ウマ☆チーズスフレケーキ☆

24日は娘の12歳の誕生日。今年は「チーズケーキ」のリクエストだったので、クックパッドで検索してこちらのレシピに決定!午前レッスンの生徒さんとはフォカッチャを一緒に捏ねて、小さいの10個焼き上げました。手作りのマドレーヌやアクリルタワシのプレゼントもいただいて、うれしい!

午後レッスンの合間をみて、スフレチーズケーキづくり。手持ちの本を参考にして何度か作ったことはあったけど、今回のレシピの方がきれいに出来ました。味はどうかな? 2日寝かしていただいます。


今週の新湊レッスンは「シフォンケーキ」なので、最終確認のため焼きました。1~2月はシフォンケーキやロールケーキのレッスンを予定しています。改めてお知らせしますね。


昨夜はシュフーレの忘年会!急だったけど5人集まり「海の神山の神」にてお喋り三昧。お料理もお酒も美味しかったぁ。終電まで飲み続けたら二日酔いになり反省。セントラムの車内はクリスマスやエコリンクに関する飾り付けがされていて、天井からは「ポマンダー」がいくつもぶら下がって揺れている。実物を見たのは初めてでちょっと感動しました。オレンジにクローブを差し込んで作るお守りみたいなものだそうです。

0 コメント

Xmasケーキ

娘の誕生日が24日なので毎年ケーキは1つなんだけど、今年はタイミングが重なってもう1つクリスマスケーキも作りました。今日25日は新湊8名の生徒さんたちとシフォンケーキを作ります。我が家の分はひと足早くデコレーション完成です。

クリームはピンク色と緑色、おとぎ話に出てくるような可愛い雰囲気にしてみたつもりです。


主人にはパンのリクエストを尋ねてみたら、「バケットにバターを付けて食べたい」という答えが返ってきました。長時間発酵させたフランスパンを作りたいなぁと思っていたところなので、朝9時から7時間以上かけてじっくり作りました。前日の夜に捏ねた「自家製酵母のカンパーニュ」も焼きあがり。


夕飯のメインはチキン料理。STAUB鍋ごとオーブンに入れて焼き上げました。こういうのやってみたかったの。生春巻きのサラダ、ブルーチーズ、長時間発酵のフランスパン。乾杯のグラスにレモンを飾って嬉しそうな娘、その親指の爪に注目。冬休みに入って早速、友達とマニキュア遊びをしたようです。まだまだ子供です(笑)

ゆっくり発酵させたフランスパンのクラムはキラキラに光ってモチモチでした。パンづくりがますます楽しくて仕方がありません。

0 コメント

第19回パンを楽しむ会

11月は事情があって出来なかったのだけど、12月は最多出席の真由美ちゃんに幹事をお願いして、居心地のいいイタリアンのお店で忘年会をしました。パン会なので、まずはパンの写真から。

ブルスケッタ3種類、フォカッチャ。真由美ちゃんからは栗やチョコをたっぷり包んだ贅沢なパンをもらい、私は小松菜のシャンピニオンをみんなにプレゼント。パン屋さんには売ってないようなパンを作るのが、おうちパンの楽しみの1つです。

KAKI's kitchen BASSA店内の様子。オーナーシェフ1人で作っているため、お任せコース。慌てずゆっくりお喋りを楽しみながらリラックスして食事ができる空間でした。お料理は手が込んでいてとっても美味しかったです。手切りしたイノシシ肉の粗挽きソーセージとボロネーゼパスタは特に絶品でした。


2015年も「パンを楽しむ会」は月1回ペースで開催していきます。内容や場所や日時はそのときそのとき気ままに決定していくスタイルで長く続けていきたいと思っています。タイミングの合うときにはぜひご参加くださいね。

0 コメント

2014年パン教室終了

仕事納め、今年最後のパン教室は小矢部のKさんがお子さん2人とファミリーレッスンに来てくださいました。「食事パン」も「スコーン」も子供たちだけでとーっても上手に出来上がりましたよ。焼き立てのスコーンを食べていると、シュフーレ仲間の飛世裕香さん(庭音にわのね)がハンギングフラワーを届けに来てくれたので、裕香さんにもスコーンづくりを楽しんでいただきました。

玄関の雰囲気や私のイメージに合わせたパープルブルー系のお花。大好きな色、嬉しい。クリスマスも終わった冬の玄関がまた華やかになりました。シンプルだけど女性らしいアイアンフレームがとってもお洒落です。

裕香さんはレーズン入りのスコーン

義妹Eちゃんから金沢「こくう」の食パン


2014年のレッスン

年間240回  1,093名さま

1月 10回    7月 25回
2月  6回
8月 25回 
3月 21回
9月 26回
4月 14回
10月 21回
5月 18回
11月 26回
6月 24回
12月 24回

おうちパン工房 188回
グループレッスン(公共施設)  50回
出張レッスン(生徒さんご自宅) 2回

友達さとちゃん作シュトーレン、しっとり美味!

1年前にブーケの切り花でやってきた葉牡丹、しっかり根付いて咲いています。

甘酒酵母のカンパーニュ、生地がツヤツヤです。


昨年9月から8ヶ月間、リフォーム工事のため自宅教室はお休みしていました。3月、ようやく完成した「おうちパン工房」でのレッスンが本格スタート。念願の仕事部屋、こだわりが詰まったこの場所でパン教室ができる幸せを日々感じています。来年以降、さらに充実した内容をお届けできるよう今後もいろいろと考えていきたいと思います。

ご参加くださった生徒さん、ありがとうございました。来年も一緒にパンづくり楽しみましょう!

 


0 コメント

2014年のパンづくり

「おうちパン研究家」と名乗っている訳で、この1年間の自分のパンづくりを振り返り、新しく挑戦したことを挙げてみます。1つ1つが経験となりました。

  1. 新作「シナモンロール
  2. デロンギオーブンで焼成、ベーグル、スコーンなど
  3. 大和「ベニシアさんと四季の庭」上映記念フェア「えごまスコーン
  4. 甘酒入りの自家製酵母パン
  5. 立山青少年自然の家、缶かまど「はちみつ胡桃パン」
  6. ベーカリーマルシェ「自家製酵母のおはなし
  7. キッチンエイドで生地づくり
  8. 菜の花のリュスティック
  9. ホットサンド用食パン
  10. 新作「オニオンハムロール
  11. 吉田千佳さんから依頼を受けて「米ぬかスコーン
  12. 浅野恭子さんにいただいた「ビール酵母」使用
  13. リクエスト「ハイジの白パン」レッスン
  14. 玄米甘酒酵母のパンづくり
  15. バナナパン
  16. シュフーレ「手ごねベーグル」レッスン
  17. 娘の「おやつパン
  18. バジル酵母に挑戦(ストレート法、中種法)
  19. ホシノ丹沢酵母(食パン、ベーグル、カンパーニュ)
  20. シュフーレ「女子カメラ部ベーグルサンド
  21. 昆布水の「だしがら昆布パン
  22. 山崎亮子さんクリスマス料理教室用「レトロバケット」とお土産「ラスク」
  23. 浅野恭子さんスモーク教室用「カンパーニュ」
  24. エゴマ入りと渋皮煮シロップ入りの「シュトーレン」
  25. シフォンケーキ」レッスン
  26. 町民カレッジ6回シリーズ 

そして今、私が思うことは、パンづくりの楽しみは「発酵」。
発酵して変化する生地が本当に面白い。
配合の違い、酵母の種類、工程の意味、時間の取り方、温度。
どれも1つ1つがパンの仕上がりと味に影響する。
実は、2014年、パンノートを書くことがこれまでよりずっと少なかった。
作る回数は変わらないが、過去の経験から記録を残すほどのこともなくパンが作れたからだ。
けれど、2015年はパンノートの記入項目も見直して「発酵」の面白さを追求していきたい。


0 コメント

ミシン仕事

朝捏ねてのんびり室温発酵。成形のタイミングに「栗の渋皮煮」を巻き込んで、正月実家へ帰省するときの手土産「シュトーレン」を作っています。生地を捏ねるときには砂糖を入れず「渋皮煮のシロップ」を仕込み水として使いました。水加減を確認するために「手ごね」です。糖分が高いせいか、こねあがりの生地のつながりが悪くて気になったけれど、発酵後には気にならない状態になっていました。仕上げ発酵ものんびり。きれいに焼きあがるといいな。

気になっていたこと「2つ」解決

入社1年目のときに、先輩に誘われて入ったセレクトショップで買ったシビラのワンピース。これ、高かったんだよね。もう着もしないのに、かさ張らないからずっと持ってた。でも、今年整理収納教室を受講した私はついに箪笥の引き出しからこのワンピースを取り出した。でも、すぐには捨てられず、布地としてリメイクして使おうと、毎日開け閉めする箪笥の上に置いておいた。嫌でも目に入る。気になっていたこと1つ目。


春ごろだったか、クルクルドライヤーが壊れてヘアアイロンに買い替えた。癖っ毛にはアイロンがとても具合よくて、シャワーをするホットヨガにも持っていくのだけど、結婚前に作ったクルクルドライヤー用の巾着では長さが足りない。少し飛び出して気になるけれど仕方なくその袋を使っていた。気になっていたこと2つ目。

この2つを一挙解決! ワンピースを裁ち「ヘアアイロン用の巾着」を作りました。サラサラの布地だから出し入れスムーズ。紐は前の袋からそのまま。留め具の「黒」はさすがに違和感あるから、何かに付いていて取っておいた「グレー」のものに変えて色合わせ。ワンピースを買ったころ20年前の未熟な自分のことを思いながら、この巾着をさっとバックに入れて2015年もヨガに通います。

0 コメント

ホットサンドとオムライス

日曜日、大岩山日石寺や稲荷神社へ御札を納めに行ったあと、12年以上ぶりに(娘が生まれる前)糸庄へ「もつ煮込みうどん」を食べに行きました。人気店ですね。2時を過ぎても行列でした。多少待っても甲斐あり。ほぼ風邪が治っていた娘もちょっと体調微妙だった私もすっきり抜けた感じ。晦日の夕方、珍しく昼寝をした娘を喜ばせようと夕飯にオムライスを作ってやりました。

とっておきの「お日様オムライス」。玉子の味付けはいつも塩と牛乳、それに粉チーズも。リングの中には生ソーセージとトマトも一緒にあわせて(パセリも入れればよかった)

大晦日の朝食は「こくう」の角食パンでホットサンド!! 2014年は「富山ホットサンド倶楽部」立ち上げの記念すべき年でしたからね。


お歳暮の「ミートローフ」と「チーズ」。余ったもう1組は「クリームチーズ」と「ジャム」を挟んでとりあえず焼いておいて、娘のおやつにします。アツアツはご馳走、冷めてもおいしい。

魅惑のホットサンド、LOVE♡


半日かかりで仕上げたシュトーレンをラッピング。身内へのお土産なので取り置きしておいたリボンを流用させていただきました(笑)


今年最後のパンづくりは、自家製レーズン酵母で手ごねします。
2014年と2015年をまたいで焼き上げますよ。

1年間ありがとうございました。
また来年も元気にお会いしましょう

0 コメント