「トマト冷めん」 お先にいただきました♫

シュフーレのメンバー5名、富山駅ビルの「8番らーめん」に大集合!
夏の新商「トマト冷めん」の試食をしてきましたよー!


イタリア産とポルトガル産の「完熟トマト」を現地で加工しているので、生のトマトではないけれど、すぐに崩れてしまうほど熟したトマトのフレッシュ感が残っていて、とてもさっぱりとしたトマトソースです。

そこに、甘辛く味付けされた鶏ひきの肉味噌。コクが加わって、混ぜて食べるのがオススメ。

透明で涼しげ、とても気になる新食材は「プチマリン」と言って、海藻の抽出物からできていてカルシウム豊富なんだそう。想像していたよりもはるかに食感が面白くておいしい~!


「トマト冷めん」 は122店舗の8番らーめんにて、6月7日(火)新登場!

 

前日6日夕方6:50ごろ、チューリップテレビにて今回の試食会の様子が放送されるそうです。


街中を走っていたら、この新商品の広告「のぼり旗」が目に止まることでしょう。
ご注目くださいませ! この夏1度は食べていただきたいオススメです。

豆知識

北陸3県ではたいへん馴染み深い「8番らーめん」、122店舗もあるなんてびっくりでした。
でも、話しをしていたら東京には無いとか・・・。
そこで調べてみました!

  • 石川県 50
  • 富山県 32
  • 福井県 30
  • 岡山県  7
  • 京都府  1
  • 長野県  1
  • 愛知県  1

へぇ!やっぱり北陸3県が圧倒的に多いですね。
子供のころ、スキー場の帰り道、家族で8番らーめんに入ったこと、思い出します。シャキシャキのお野菜がたっぷり入っているのでうれしい。

0 コメント

新MENU 「数字パン」

女子カメラ部の典子部長とコラボ開催したシュフーレ講座「ハッピーラッキー数字パンとわくわくフォト」、いい時間でした。すぐに実践できるたくさんのコツを活かして、ご家族やお友達と過ごす幸せな時間がより楽しくなりますように。

この「数字パン」、パン教室リヒトのMENUに仲間入りです。「0」~「9」までの数字を2つ選んでご予約いただけますので、好きなタイミングで作りに来てくださいね。

美味しい、美しい、いろいろ♡

パン教室をはじめて4月に10周年を迎えましたが、日々ご予約をいただき、パン教室が出来ている1日1日がいつもスペシャルだし記念日みたい。毎日をそんな気持ちで過ごしていると、改めて10年の節目といっても、まだまだパン教室を続けるつもりだし、ことさらにお祝いすることもないかなぁと思ったりしています。そんなわたしのことを思って時間とお金を使いプレゼントを用意してくださる気持ちに胸がいっぱい。ありがとうございます。

前日東京出張だった生徒さんから。

結婚前に働いていた会社の後輩から。

10周年おめでとうございますと、生徒さんから。

義妹Eちゃんから。

カラー診断の桃井さんから。

もうすぐ誕生日ですね、と生徒さんから。


手作りのプレゼント

パン教室リヒトのメニュー表を写真付きで作ってきてプレゼントしてくれた生徒さん。


長野県から来てくれた生徒さんから、お手製の朴葉巻。すごくいい香りでした。

家族と、生徒さんと、いただいたプレゼントを味わったり、喜んだり、活用して、うれしい気持ちが広がります。パン教室をはじめたとき、10年後、こんな日々が来るなんて思いもしなかったけれど、憧れや理想が夢になり現実になりました。幸せな気持ちが生まれるこの場所をこれからも大切にしていきます。

0 コメント

アーユルヴェーダの体質診断

facebookでお友達になっている生徒さんから声をかけていただき、『秋を迎える身体の準備』と題した「身体と心の調和を整える講座」に参加してきました。~季節と共に暮らす旬のお食事~は、ウリ科のお野菜「きゅうり」をたっぷり使った品々、これまたfacebookでお友達になっているユイさんの手料理。お2人ともすごく素敵な先輩女性、このお誘いは今のわたしにジャストタイミングな気がして、日曜日は家族の日と決めていますが主人も快く「行っておいで」と言ってくれたのですぐに参加を決めました。

ユイさんの手料理をいただくことをこっそり今年の目標にしていたから、こんなにスムーズにそのときが来るなんて幸せ。想像していたとおり、わたしの好きな食事でした。

知ること、習うことの楽しさ、講座に参加するたびに実感しています。ここ数年、「骨格診断」、「カラー診断」、「メイクレッスン」、「ウォーキングレッスン」、「おうちガーデン」、かなり影響を受けました。自分の個性を知り、受けて入れて、よりよくなるように生きる。とてもシンプルです。今回参加した講座では、「アーユルヴェーダ」の体質診断や改善方法をお勉強。今のわたしにスーっと心地よく入ってくるお話に興味が沸いて、とってもわくわくしてます。今のわたしのアーユルヴェーダ体質診断はバランスがいい状態でした。ヴァータ、ピッタ、カバ、それぞれ、「風」、「火」、「水」のタイプ分けがあり、先生には見た感じ「風」だと思う、でもお話を聞いていると「火」かもしれない、と言われました。はっきり知りたいときには、個別診断を受けるとよいのだそうですが、たぶん「火」じゃないかなぁと自分では思うし、ユイさんも頷いてくれました、笑。

帰宅して車を下りると、楽しそうに木工作業をしている主人の笑顔。先週、仕事の合間に端材で作った「トレイ」が好評で嬉しくて楽しいみたい。

今日は古い木箱に「持ち手穴」を開ける加工。格段に使いやすくなった木箱をわたしに見せに持ってきました。「写真を撮るよ」と言うと、嬉しそうです。


初めて購入してみた「シードミックス」入りのパンを手ごねして、室温でゆっくり発酵させながら、今日の講座を振り返りながらブログを書いています。キーワードは「オージャス」。心身を健康にする生命エネルギーのことで、日々の食べ物や過ごし方で増やすことができるんだそうです。いいことたくさん学びました。これもまた生活に取り入れて生かしていきたいです。

0 コメント

梅雨の晴れ間に岩瀬へ

A-Port(エーポート)潜入

清水工務店さんのA-Portに潜入してきました。アポなしで立ち寄ったにも関わらず、三代目の息子さんが快く迎えてくださいました。週末のオープニングに向けて社長も奥様もスタッフさんも細かな準備の最中でしたが、こだわりが詰まったシェアプレイスを見学させてもらいました。

7月3日のピザ教室は即満席となったそうでわたしもうれしい! お声かけいただいたお仕事、この素敵な会場でしっかり努めたいと思います!


全体のイメージから細部に至るまで、こだわりが詰まっているおしゃれな空間です。座り心地のようさそうな椅子も色や質感がいいなぁ。いちいちオシャレとはこのことです。

http://www.a-port.info/

みつばち物語

岩瀬のアナザホリデーへ♪ 
シニア野菜ソムリエ「田中美弥さん」のビタミンMの食談義に参加してきました。養蜂家の池田 薫さんと美弥さんのお話を聞きながら、紅茶 2種類とたかGさんのハチミツカステラをいただきました。みつばちの話し、おもしろい!集まった人との出会いもまたうれしく、清水工務店さんにも寄り道して、梅雨の晴れ間に清々しい気持ちになるお出かけでした。

0 コメント

人参の葉のリュスティック

家庭菜園のお野菜をいただきました。青々とした葉つき人参、水洗いして細かく刻んだ葉をリュスティックにたっぷり入れてみました。我が家の畑にたくましく育っているフェンネルも同じようにして2種類。不思議なことに、香りも味もまったく消えて食べやすいんです。

食パン形のアクリルタワシ、いただきました♪

細長い人参はこの形のままスープに。

千葉のお友達からは、富里のスイカ。暑い日が続いたのでスイカの水分補給は体が喜びました。

 

出張レッスン先ではホームベーカリーで作った「ごはん入りの食パン」を。もっちりおいしい! 

 

パン教室に来てくれた友達からはハーブティーとちょっと変わったポプリを誕生日プレゼントにいただきました。洋服ダンスを開けるたびに、いい香り・・・・。幸せ♪ありがとう♪


7月30日の富がえりのレシピイベント打ち合わせ、食堂nogiさんにて。久しぶりに美弥さんとゆっくりお喋りしました。嬉しいツーショット写真、しかも、全身(笑)


最近焼いたパンたち

生徒さんのおやつ用に「ハードトースト」を2倍量ミニサイズ、16分割してミニスティック型4本(レーズン入り3本)。ハードトーストは分割なしで作っていたから、ミニサイズは実は初めて。案の定、手強かった・・・。でも、スライスしてトーストしてバターをのせて、木のボードにこんな風に並べたら、とーってもかわいい。また作ろうって思える嬉しさです。


ちょっと悩んでいたブルーベリーベーグル、思い切ってお砂糖の量を2倍にしてみた。うん、うん、いいかも。

父の日には間に合わなかったけれど、実家の父が好きな自家製酵母パン(胡桃といちじく入り)と、母が好きな山食パンを送りました。奥の方が少し小さくて、それは味見用に我が家の分。数日経ってもおいしい。

 

高岡へグループレッスンに行った帰り、砺波のショッピングモールへ寄り道。4月に家族で初めて行って好感触だったので、1人でゆっくりショッピング。パン教室用に「保温保冷のポッ」トと「木製トング」を見つけました。前から欲しいと思っていたから、気に入ったデザインのモノと出会えて嬉しい。家族と行ったときには「珪藻土バスマット」を買いましたが、それも大正解でした。家族や生徒さんと一緒に気持ちよく過ごせる、ちょっとだけいいもの。使いやすさもデザインも、どちらも優秀です。

0 コメント

誕生日でした

家族とゆっくり過ごす日曜日、梅雨の晴れ間に恵まれて、わたし、42歳のお誕生日でした。顔をあわせた主人や娘から「お誕生日おめでとう」の言葉、電話が鳴って実家の母からも。誕生日が近い弟ともメールを送り合ったり、うれしいな。

今年も「ヴィクトリア・サンドイッチ・ケーキ」を作りました。丸デコ型とタルト型と2枚、カルピス無塩バター使用のケーキを薄く焼いて。剪定に来てくれた庭師さんからいただいたブルーベリーと、このケーキのために買っておいた冷凍ラズベリーをあわせてジャムを作って。タイミングをあわせて注文しておいた飛騨乳業の生クリームと、マスカルポーネをあわせてクリームも作って。なんだかんだ時間がかかったけど、シンプルでおいしいの。


 

「女の子らしいケーキだね」と娘。 


黄色いケーキに、白いクリームとピンク色のジャム。粉糖をかけて、少女のような可愛らしさです。カルピスバターの爽やかなコク、甘すぎないクリーム、粒感が楽しくて酸味も楽しめるラズベリー。このケーキ、好きだなぁ。年に1回だけ作ることにしています。


その娘からは、手作りのプレゼントをもらいました。仕掛けがいっぱいの手作りカード。文章もうれしいし、手の込んだ細工、色使い、工夫がいっぱい、上手だなぁ。 最近ハマっているプラバンとマグネットシートを使って2人の似顔絵ネックレスやツーショット写真のマグネット。それから、定番のお手伝い券(笑) ほんとうに作るコトが好きな子です。

もう10年以上のお付き合いになる深い仲の生徒さんからいただいた、フランス人のパン職人が作るパン屋さん「メティサージュ」(小松市粟津温泉中心部)のパンを朝ごパンにして、家族とお買い物に出発。 


これといってしたいことや欲もそんなにないけれど、前から欲しいなぁと思っていた家電や(笑)、いいなぁと思ったもの、それから、ウェディングパーティーをしたイタリアンレストランでランチを楽しんできました。

ちょうど1年の半分が過ぎたころに誕生日が来るから、前半を振り返り、後半に向けて気持ち新たに。仕事(パン教室)を続けていられることが自分が生きている証だと思っているし、日々の楽しみなので、わたしは満たされています。その気持ちを自覚して、受け止めて、今ある幸せに感謝。

 

2 コメント

明日から7月

トントンとパン教室部屋のガラス窓をノックする音。義弟Sさん夫婦から誕生日プレゼントをもらいました。「ちょっと遅くなったけど、おめでとうございます」って。脚付のガラスプレートと手摘みのラベンダー。素敵! こういう高さのあるお皿、ずっと憧れてたから嬉しい! 大切に使わせてもらうね! ありがとう!

パン教室リヒトに初めて来た生徒さんに書いていただく芳名帳が「15冊目」になり、リヒトナンバーは「832番」、たくさんの方のお名前と思い出が詰まっています。

今日は予約の方法やシステムについて少しお話します。

予約方法

  1. レッスン時に次回の予約日を決める
  2. 「予約」ページにある「予約フォーム」に必要事項を入力して「予約申込」ボタンを押す
  3. リピーターさんなら日時やパンの種類をメールで連絡でも可
  4. 電話予約
  5. パン教室リヒトに来ている友人知人に予約を取ってもらう

システム

  1. 予約の受付は、原則、翌月分まで
  2. 「受付中」の日は、「午前レッスン」と「午後レッスン」どちらでも予約可能
  3.  「午前受付中」の日は、午後は「お休み」
  4.  「午後受付中」の日は、午前は「お休み」
  5. 土祝は希望者が多いので、原則、「午前」と「午後」と2レッスン※
  6. 日曜は「お休み」ですが、団体ご予約やイベントには対応します


数種類のパンを同時進行でレッスンすると、午前か午後の1レッスンでもかなりのエネルギーを消費することを実感したので、平日は「午前」か「午後」のどちらかにします。たとえば、最初に予約を入れた人が「午前」の時間帯を希望したら、その日は「午前レッスン」の日になります(午後の場合も同様)。レッスンのほかに、計量や材料の準備と買い出し、おやつパンを焼いたり、事務仕事も増えてきたので、半日はそういった仕事に時間をとりたいと思います。

※土祝でも、1レッスンだったり、お休みする場合もあります。

 

 

たぶん、一番最初に予約するときに疑問がいっぱいあると思いますが、とりあえず、予約フォームに必要事項を記入して送信してみてください。新規ご予約の方には電話で直接お話して、予約内容を確認しますので、すっきり安心できると思います。明日から8月の予約受付を開始しますが「1. レッスン時に次回の予約日を決める」の予約方法で、すでに予約を受けている日がいくつかあります。今、会っている生徒さんのご希望には添いたいという気持ちからです。

 

0 コメント